メイン | 2006年04月 »

2006年03月28日

便利なツールは余計に忙しくさせる

 ここ数年、注文もインターネット、図面も見積書もインターネットで送るのが普通になりつつある傾向です。早く処理できるのが前提の為、「今日問い合わせの明日回答」や、「今日の朝質問で夜までに回答ほしい」などとやたらに多くなってきていますね。世の中スピードが一番と言う風潮は、結局便利なはずのツールが自分達の首を絞めているという皮肉な結果を引き起こしています。確かに早いと言う点では優れておりますが、これを取り扱うのは人間、受ける方も人間。だからこそ顔を合わせて行う営業は重要です。私たちは出来るだけお客様への訪問を優先しております。
 先週末、息子の引越しで車で移動しましたが、途中は渋滞。そうです、引越しシーズンなので各運送会社もひっきりなしに車を走らせていました。物の輸送だけは未だにインターネットという訳にはいかないですね。途中の渋滞の中で咲き始めた桜を見物しながら、何か日頃忘れているものを
思い出しました。

投稿者 sakai : 14:16

2006年03月24日

桜が咲き始めました

 一昨日は、長野に出張に行きましたが、夜は雪でした。関東南部では、もう桜があちこちで咲いており
通勤も少しウキウキします。毎年、桜が満開になる頃、雨や風で無残に散ってしまいますね。
 もう何年も前に海外出張で、日本に帰ってきた時、成田空港の脇の桜が咲き誇り、ああ日本に帰った
と感慨深く思った事を思い出しました。桜を散らす風。その風も強く吹く春一番等では電線などでヒューという音が聞こえますね。アレは電線の後ろで渦流が発生し、空気を振動させて音となっているのです。
音の発生源のほとんどは空気振動ですね。嫌な音は騒音となりますが、音の無い世界へ行くと(無響
室など)平衡感覚が無くなってしまいます。だから全く音が無いのも落ち着かないんです。
 これらの事からも「消音器で音を静かにし過ぎた。少し聞こえている方が機械の調子がわかる」なんて
要望され事もたまにあります。私たち人間は色々なバランスの中で生活している事を改めて考えさせられます。

投稿者 sakai : 10:11

2006年03月22日

サイレンサーで想像するのは

 サイレンサーという言葉を聞くと、たいていの方はピストル等に取り付ける消音装置を連想しますね。
皆さんが日常使用している電力の一部には、エンジン駆動の発電機もあります。エンジンと
言っても、色々な種類があり、力持ちで内燃機関では最大効率のディーゼルエンジンや都市部で
燃焼がクリーンなガスエンジン、ガスタービンなど様々です。これらのエンジンは必ず燃焼ガスの
排気が伴いますが、この時に大気中に熱と音のエネルギーを放出します。エンジンの排気原音は
そのままですと、電車のガード下の音より更に大きく会話も出来ない想像を絶する音です。
これらの消音装置も一般的に産業界ではサイレンサーと呼ばれております。その為、サイレンサー
(日本では消音器、マフラーとも呼ばれます)の製作は経験と地道な開発が必要になります。
私たちは、全国の常用発電機や非常用の発電機用のサイレンサーをお届けしています。

どんなものか詳しくご覧になりたい方は
http://www.silencer.jp/ http://www.skj-sakai.co.jp
等でご覧になれます。

投稿者 sakai : 11:00

2006年03月21日

お彼岸ですね

 4連休の会社やお彼岸でお墓参りと毎年交通渋滞ですね。花粉症の人は外に出るのも嫌ですが...。
私も、本日早朝にお墓参りをして来ました。「暑さ寒さも彼岸まで」と昔の人はうまい事を言ったものです。
 今日は、ご自宅で「WBCキューバV.S.日本戦」をご覧になっている方も多いでしょうね。
そんな中でお仕事をなさっている方もいらっしゃると思います。この時期だけ忙しい年度末現象は、
今年も続いています。消音器のご注文も、「何でも良いからすぐに買えるものは無いか?」という
お問い合わせが来るのも、お彼岸から月末までが特に多くなります。桜も少し咲き始めて心は
うきうきするのですが、今日も残った仕事とにらめっこです。

投稿者 sakai : 11:04