« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月30日

地球温暖化の影響?

 毎日暑い日が続きますね。最近は身近で地球温暖化の影響と思われる事柄が多く続いています。
特に今年は太平洋の海水温度が早くから上昇し、台風1号の直撃やら、例年より早く太平洋高気圧
がせり出してきて各地での大雨等深刻な問題が次々と出てきています。
 私達の会社も地球温暖化防止の為、エコステージに取り組んだり、環境にやさしい消音器(サイレンサー)等を提供しています。良く皆さんが耳にする「コージェネレーション」という
言葉もその1つで、従来の内燃力発電ですとエネルギーの1/3程度しか利用できなかったものをコー
ジェネレーションは、今まで捨てていた排熱を給湯などに有効利用する発電システムのことです。
これらの駆動には、ガスエンジンが用いられる事も多く、環境に優しく設計されています。また
排気ガスを排出する部分には、低コスト、高品質、耐久性、コンパクトな私共の提供する排気消音器を多数ご採用頂いています。下の写真はガスコージェネの試運転写真です。中央の
円筒形の部分が高性能消音器です。コンパクトな割りに高性能で大変喜ばれております。
146-4689_IMG.JPG

投稿者 sakai : 11:33 | トラックバック

2006年06月26日

紫陽花の花が美しい季節です

毎日、仕事に追われているとついつい、季節感から遠のいてしまいます。
自宅の紫陽花の花はブルーがかった白色。ご近所の紫陽花は紫とピンク
で美しく咲き誇っています。
箱根などの紫陽花は少し季節が遅れていますので2度ご覧になれる方も
いらっしゃいます。詳しい事は知りませんが土が酸性域かアルカリ域かで
花の色が異なると聞いたことがあります。
私の住んでいる近くでは北鎌倉の名月院や長谷観音の近くの光則寺が有名です。
 私共の製作する消音器も排気ガスの成分がアルカリ域か、酸性域か
で、使用する材質が変わってきます。紫陽花の様に流入する排気ガスに
よって本体表面の色が変化して楽しめれば良いのでが......
 そのうちに熱が加わると絵が浮き出てくる排気消音器が開発されるかもしれませんね
131-3181_IMG.JPG

投稿者 sakai : 15:52

2006年06月20日

明日は夏至ですね

明日7月21日は夏至、昼間が一番長い日となりますね。ここから少しづつ日の出、日の入りが短くなってくるのは少し寂しい気がします。しかし、暑くなるのはこれから。西日本では今日も真夏の様な
気温とか...暑い夏が来るとビール業界やエアコン業界は忙しくなりそうです。
忙しい業界に限らず、日本中が設備投資してくださると私達も忙しくなります。
では今、暇かと言うとそうでもなく、問い合わせ件数はかなりあります。
商談が決まるまで比較的長く、決まると即納に近いものも有ります。
 ネットでの問い合わせもお陰様でかなり増えて参りました。
皆様からのご連絡をお待ちいたしております。
 関西方面はビヤガーデンのオープンも早く、なんかウキウキするのは私だけでしょうか?
実は私は30歳を過ぎるまでアルコールが1滴もダメでした。今でも沢山は飲めませんが、いつの間にか
?体重計を気にしながら毎日ビールに手を出す矛盾.....でもやはり寒いより暑いのが好きです。

投稿者 sakai : 16:15

2006年06月19日

寝不足の人も

「明日は仕事だから早くねなけりゃ」と言って寝たのですが燐家からクロアチアvs日本TV観戦の応援の声やら悲鳴やらが聞こえてきて、寝付けません。結果も気になりますが、見れば負ける様な気もして...
結局寝不足になり、そして今日の湿度を伴う暑さ...皆さんボーっとして事故に合わない様に
気をつけて下さい。野球やサッカーでスタジアムの怒号や歓声ってすごいエネルギーですよね。
隣同士でも会話が聞こえなくなる時すらあるのですから.....。こういう現象を音の世界では
マスキング効果と呼び、大きい方の音が小さい方の音を隠してしまう状況をさします。観戦中はまだ
良いのですが、建設現場や工事現場、工場内騒音でのマスキングは非常に危険であります。
しかも近隣住民からの苦情というおまけが付きます。これに暑さが加わると人間のストレスはピークに
達して、問題が多くなります。隣人とのトラブルが多いのも暑くて窓を開ける季節に集中してます。
下の写真は工事現場でクローラクレンに近隣住民への考慮から騒音対策(音源対策)して消音器を追加している写真です。
55tクローラークレーン(消音機150取付完了)2.jpg


投稿者 sakai : 15:40

2006年06月14日

立ち直り

ワールドカップ初戦は残念ながら負けてしまいましたね。ビジネスの世界でも勝ったり負けたり...
負けたとき†そのまま引きずるタイプ†切り替えてポジティブな発想になれるタイプ†反省点を考え
同じ間違いを繰り返さないタイプと色々ですね。あなたはどのタイプ?
我が家で飼っている犬は散歩中に叱られても立ち直りが早いですが、悪乗りして叱られた時は
結構落ち込んでいる時があります。何も考えずにノウノウと生活している様に見られますが、犬でも
色々と事情があるようです。感心する能力は自分に関係する情報?は聞き逃さない事。これは営業
活動でも参考にしなくては...
 次回のクロアチア戦は是非頑張ってもらいたいものです。
下の写真は 株式会社サカイ本社ビルの正面に見える大手ビール会社の本社垂れ幕です。
株式会社サカイ
146-4670_IMG.JPG

投稿者 sakai : 14:17

2006年06月12日

ワールドカップ開催されましたが

今夜は、いよいよ日本の出番ですね。早く退社してビール片手にTV観戦の方も多いと思います。
私達の様に間接的に発電という業務に携わっていると、ついTV観戦が続くと夜間電力が増えるだろうなとか思ってしまいます。
 今朝ほども九州、四国、中国地方を襲った地震は、幸いにも大した被害が無かった様で一安心です。業界関係者は、すぐに停電はあったのか?また停電の場合は非常用バックアップ発電機は動いたのか等と心配してしまいます。電力と言えば、離島の発電はほとんどがエンジンによる発電です。伊豆七島
等の様に観光地を抱える島は、夏場は島民の数倍に膨れ上がってしまいます。しかも都会の生活を
そのまま持ち込むのでホテルや民宿で夜遅くまで起きていて、電力会社の方たちは、緊張しながら
電力の確保をなさっています。当然24時間稼動しているので環境にもかなり神経を使っていらっしゃいます。そこに私共の納入した消音器も使われていますが、観光地である側面と漁業関係者の方々の生活
環境面から超低騒音の消音器が眠らずに働き続けています。↓下の写真は某電力会社離島発電所の消音器群
kouz17.jpg

投稿者 sakai : 15:59

2006年06月01日

リモートラジェータ

 日本最大の通信会社グループには全国でおよそ6000局近い中継局があるようです。年々電力の需要は高まる中、水力発電はダムの環境問題から、また原子力も安全性確認の問題などから思った様に
伸びていない様です。先ほどの中継局はライフラインの確保から自家発電設備を持っています。主に内燃力発電設備です。阪神大震災の教訓からもラジェータ冷却方式が主流です。この内燃力発電機は近隣騒音の問題や発電機室有効利用の為従来の部屋に、より大きな発電機を収める必要があります。しかし場所が不足します。こんな事を解決する為にリモートラジェータという物が必要になりました。利点は場所の確保と共に超低騒音も実現しており,環境にやさしい装置です。
  写真は出荷前の騒音計測シーンです。お問い合わせは shigeru@skj-sakai.co.jpまで

IMG_3783.JPG

投稿者 sakai : 15:19