« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月25日

夏至を過ぎました

 梅雨入りしたものの本格的な雨はなかなか無いですね。
6月22日は夏至でしたが生憎、関東では午後から雨で
「昼が一番長い日」を実感できませんでした。先週は山形
出張や宿泊での代理店会等が続き社内にいる日が少なく
なってしまいました。早いもので来週は七夕様。
 毎年七夕の日は天気がはっきりしなかった様な記憶です。

 silencer.jpのトップページのリニューアルも現在進めています。
皆様により使いやすくするために選定をトップページから入れ
様にしたりします。現在中国等ではコピーが問題になってい
ますが、日本でも私達の開発したサイレンサー(排気消音器)
が無断コピーされ困っています。意匠的には何処のメーカも
似ているので同じものをコピーするのは比較的かんたんです。
でも長年のノウハウや設計思想はなかなか真似するのも
難しくトラブルになってから私達のサイレンサーを再度ご採用
するお客様も増えています。是非とも本物の良さを感じて頂き
たく思います。より安く、品質安定で、短納期をめざして全社
一丸で頑張る所存です。
下の写真は某研究所向けテスト用サイレンサー(消音器)の揚重作業中です↓
梅雨なのにこの背景のすがすがしさは....
IMG_5995.JPG
IMG_6000.JPG
IMG_6006.JPG

投稿者 sakai : 16:39 | トラックバック

2007年06月08日

水郡線新型車両のエンジン排気サイレンサー

 水戸と郡山を結ぶ鉄道(JR東日本)は水郡線(すいぐんせん)と
呼ばれています、2007年4月より新型車両に置き換わりはじめました。
この線区は電化されていないので、ディーゼルエンジン搭載の車両が
走行していますね。国鉄時代の流れから内燃機関などを動力源に
する車両(気動車と呼びます)の形式は「キ」で始まります。
普通車も昔の1等、2等、3等の区分の名残で、1等は「イ」(現在廃止)
2等(現在のグリーン車)は「ロ」そして3等(現在の普通車)は「ハ」と
いう事から、新型気動車は「キハE130系」という新型車両が投入されました。
中間のEはJR東日本所属を表していますね。
この新型車両にはサカイ排気サイレンサー
排気消音器)が床下に搭載されています。
 気動車は電化されていない地区を主に走行する事から比較的、気象や
環境の厳しい場所を走行します。車両を構成する機器は信頼性の有る物
でないと故障の原因になってしまいます。
 私の趣味の一つに「鉄道」があるので通勤時に鉄道雑誌を見ていましたら
特集でこの水郡線の記事が出ていましたので、営業担当者に雑誌を見せま
したら、なんとこの雑誌の表紙に弊社排気サイレンサー
が写真掲載されている事を指摘されました。よくよく見ると床下中央にしっかりと
写っていました。皆様も興味がございましたら、雑誌をご覧になると面白いです
よ。ハイブリットは自動車だけでなく、すでに鉄道の試作車両にもあり、
JR東日本が保有している記事も出ています。
写真はたまたま、弊社サイレンサーが写っていた雑誌「鉄道ジャーナル7月号」です。↓
IMG_5958.JPG

投稿者 sakai : 15:23 | トラックバック

2007年06月06日

今話題のユーチューブ「日本の形」

 TVでも時々流れている「THE JAPANESE TRADITION†
日本の形」シリーズ。これを見ると思わず笑ってしまいます。
ラーメンズが出演するシリーズで「土下座」「鮨」「折り紙」
「おにぎり」など日本の伝統を誇張して紹介。
こんなの外人さんに本当に信じられたら....という内容で
割り箸の正しい割り方など興味有る素材が取り上げられています。
DVDでも販売されているようですね。
 私たちビジネスマンは日々営業活動の中で海外の方と接したり
する機会が増えています。
その国々のしきたりや文化を理解しないと逆の誤解が生じたりし
ますね。分かっている様で本当は正しく知らない日本文化を見直
す事も必要かもしれません。
 ビジネスマナーがCMに出てくる時代ですから、こんな事もきっかけに
「日ごろの常識」を見つめるチャンスかもしれません。
 5月のブログでも紹介しました通称竹寺の「報国寺」は静を視覚で
表現している日本文化の1つです。竹の間からの木漏れ日や葉の動き
が実際以上の静けさを演出しています。
社員研修で三陸方面に出かけたときに購入した南部鉄の風鈴もこれ
からの季節,涼を演出する音のデザインですね。
一度何ヘルツの音が出ているのか計測してみたくなったのは、職業上
のクセでしょうか?
国宝の多い鎌倉の神社仏閣。これらは火災で焼失させない様に、一部
の寺院では、見えない場所に消化ポンプや自家用発電機が設置され
て昔からの文化を守っています。エンジン駆動消化ポンプ等用途の
私たちの作った排気サイレンサーも裏方として待機しています。
 下の写真はイメージとして載せました。↓
IMG_5947.JPG
IMG_5944.JPG

投稿者 sakai : 14:07 | トラックバック

2007年06月05日

6月5日は世界環境デー

 環境問題が世界的に注目される様になってきました。
6月5日は「世界環境デー」に指定されていますが、一般には
なじみが、まだ少ないかもしれません。環境と一口に言っても
大気、水質、騒音、振動や細かく分けると海洋汚染、土壌汚染
等の問題と広い範囲にあります。私たちの取り組む騒音
は、出来れば音源処理が望ましいです。理由は費用対効果に優れ
ており、特に騒音の場合は音源処理(サイレンサー、消音器)
が有効です。
 計測に始まり、対策案を立て、対策実施し計測確認で
1サイクルを終了させます。
下の写真は騒音計測器の例で、リアルタイムアナライザー
(実時間周波数分析機能付き騒音計)です。瞬時に騒音の質が
判明し、対策に大変有効です。↓
129-2989_IMG.JPG
130-3037_IMG.JPG

投稿者 sakai : 16:03 | トラックバック

2007年06月01日

ISO9001に取り組んでいます

 製造メーカの大部分はISO9001、14001を取得済みですね。
弊社は、メーカ部門や商社機能部門、エンジニアリング部門など
形態が多様ですので、今までどういう形でISOに取り組むかを
検討してまいりました。商談も国外も多くなり、扱い商品がグローバル化する
事を受けて会社全体でISO9001取得体制を整え始める事としました。
名前よりも実を取りたい為、最終的にISO9001を取得するか
しないで対応できる体質のみにするかは、後日判断とする予定です。
 顧客満足度を上昇出来る様に全社一丸で頑張ってきますのでご支援
ご鞭撻をよろしく御願いいたします。

投稿者 sakai : 19:02 | トラックバック