« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月26日

サイレンサーJPのトップページリニューアルしました

 おかげさまで最近ネットでの問い合わせが増え好評です。
今までサイレンサーの選定や図面もサイトの中まで入って
いかないと開けませんでしたが、今回からトップページより
入って行ける様に使いやすくしました。皆様のご利用をお待ち
致します。
 インターネットでは様々なHPがありますね。各社趣向をこらし
て独自のものをお出しになり感心したり参考になったりします。
でも中にはプライドも無く私達の作成したカタログやデザイン文字
や図面その他計算書等もコピーしているメーカがあります。
これにはさすがに手を焼きます。
後進国ならまだそういうことはよく聞きますが、日本でもあるんですね。
私達の製作するサイレンサー(消音器)
は単独で55dB減衰できるものもあります。
 外見は真似できても品質、技術は一朝一夕では追いつけない
はずですが、真似されている内は自社の価値が高いと自負し品質改善
と技術革新に頑張っていく所存です。
kouz03.jpg


投稿者 sakai : 14:55 | トラックバック

2007年07月24日

システムとしての騒音制御も出来る強味

 私達の仕事には、メインである騒音の制御の他にも色々な事を
しています。排気サイレンサー(消音器)は勿論ですが、内燃機関
周辺の機器の納入は勿論、そのエンジニアリングのお手伝いもします。
 内燃機関の周辺には冷却の為の水系統や燃料系統、機械室
の換気を目的として給・排気系統や内燃機関そのものの排気消音器
、内燃機関を覆うエンクロージャの設計・製作も行えます。他社さんとの
大きな違いは、エンジニアリングする事とそれらの機器の騒音制御の検討
まで同時に出来る技術もある事です。内燃機関周囲の機器として下に
参考イメージ等を掲載します。上から冷却塔(設置前)、渦流式テールパイプ
超低騒音リモート・ラジェータ、循環ポンプ、設置後冷却塔、換気ファン
排気消音対策済み↓
IMG_6098.JPG
FDJ1.JPG
118-1879_IMG.JPG
IMG_6038.JPG
155-5552_IMG.JPG
127-2748_IMG.JPG

投稿者 sakai : 18:56 | トラックバック

2007年07月20日

益々重要になる非常用電源とサイレンサー(消音器)

 本日も長崎の平戸地方で大規模停電があったとニュースで
聞きました。またまたクレーン船が送電線を切ったとか?
関東でもクレーン線が送電線を切断して大きなニュースになった
事はまだ、記憶に新しいですね。(東京近郊大停電)
 地震、水害、人災など色々な方面から、当たり前の様に使用している
電気や水道のライフラインの保持が危険にさらされています。
非常時に電気が来ないと何も出来ないのが、現代の文明。
良いか悪いかは別として、現実的に備えは必要ですね。
都市部のビルの屋上には様々な非常用発電機が搭載されています。
最近は設置場所の理由から地下よりも屋上に設置される非常用
発電機が多くなりました。当然起動すれば内燃機関で動くので
騒音が発生します。しかし、最近は近隣住民などに考慮され
超低騒音形の発電機が多くなり、出口1mで50dB(A)
は勿論45dB(A)等と言う仕様も多くなりつつあります。
このレベルの音は遠くでタクシーが走ってもオーバーする様な
静かな音です。サカイのサイレンサー(消音器)はこの様な
ハイグレード仕様にも全て対応して沢山の実績を残しています。
写真は屋上に見かける防災用発電機の例です。
中央のグレーの箱が発電機本体その上がサイレンサ-
IMG_6109.JPG

投稿者 sakai : 21:57 | トラックバック

2007年07月18日

中越沖地震と停電

 3連休の初日は台風通過で気をもんでいました。
犠牲者も出てしまいそのニュースが終焉しない中、
また追い討ちをかけられる様に中越地震のニュース
が入ってきました。
 確かこのブログでも前回の停電を取り扱った内容が
有った事を記憶しています。「また地震か」というのが
率直な気持ちです。地震で亡くなった方や被災なさった
方達にこの場を借りてお見舞いとお悔やみ申し上げます。
 連日ニュースで現地の復旧の様子が伝えられて来ますが
改めてライフラインの重要さが認識されます。特に電気は
復旧作業や救出作業など大変重要ですね。救援物資を
積載したトラックも交通が混乱しては、思うように現地に
たどり着けません。そこで活躍するのが病院等の手術や
治療に使用する非常用発電機の電源。交通混乱を招かない
信号機バックアップ発電機等多目的な非常用防災発電機
が活躍します。また通信回線確保の為の移動電源車。
 私はたまたま14日†16日に東北方面に移動していましたが、
「災害復旧」の横断幕を付けた自衛隊の災害復旧隊の隊列を見
かけました。後ろには給水タンク車を牽引していました。
自衛隊の方々は台風出動や地震出動でご苦労様です。
 下の写真は東京都内に設置されている交通信号機バックアップ
用発電設備
(サカイ排気消音器が内臓されて騒音環境にも配慮されています)中央のこげ茶色の構造物が信号機用発電機です。

IMG_6068.JPG

投稿者 sakai : 15:48 | トラックバック

2007年07月11日

モーニングコーヒーと通勤電車

 出勤前に毎朝コーヒーを飲むのが日課となっています。
以前はミルク・砂糖入りのコーヒーでしたがおなかのでっぱり
と相談してここ数年はミルク(粉状のクリー○というものです)
だけ入れて飲んでいます。クリー○は小瓶に詰め替え用の大きな
袋から移して使っていますので時々切らしてしまいます。
今朝も切らしてしまい、自分で移しかえました。皆さんもそう
でしょうけれど瓶のふちまで入れてトントンと叩くと容積が減り
もう少し入れられますよね。(専門用語で見かけ比重と言ったりするらしいです)
 最近の通勤電車で思うのですがロングシート7人掛けに6人で
ゆったり座っている人が多くなりました。込み合っている状況を
考えれば昔だったら自然と詰めあって譲るのが日本人の良い習慣
でした。一方立っている人も自分の新聞を広げるスペース確保に
走ったり、こんなすし詰め状況でも携帯メール打ちたいの?と疑う
光景は日常茶飯事です。ミルクの瓶の様にトントンと叩きたくなるのは
私だけでしょうか?マナーの悪さはこれだけに留まらず優先席前で携帯
メールする人や通話する人....例をあげたらキリがありません。
写真は話題のイメージで入れました。
IMG_6066.JPG
153-5345_IMG.JPG

投稿者 sakai : 14:47 | トラックバック

2007年07月03日

人もサイレンサー(消音器)も点検が必要です

 日曜日の7月1日には海開きや山開きとなりました。海開きといっても
本格的な梅雨明けをしないとピンとこないです....梅雨と言えば
 ここの所天気もはっきりせず傘を持って出ようか毎日迷います。
湿度は高くて体調もいまひとつシャキッとしないで困っています。
 健康診断時に3ヵ月後様子見再検査を宣告されて、先週末に
近くの病院へ行き検査してもらいました。元々私の血管は細いので
採血する時には看護士さん泣かせです。
例によって今回も最初はうまく採血できましたが、2回目はアウト。
その後何度も針を刺される度にビクビクでした。
血管に針が入らない時って実は凄く痛い事がわかりました。
また、採血用の針の太さも色々あり、最後は赤ちゃんに刺す針
を使っていました。すこし恥ずかしく思いましたが両腕に戦歴のアザ
もしっかり残ってしまいました。
 健康管理がしっかり出来ていないと、良い仕事もできないので
皆様もご注意してください。
私達の提供するサイレンサーも長く使用していると内部にカーボン等
が溜まってきてエンジンの燃費が悪くなったり、
吸音性能が劣化したりと身体に似ています。
たまにサイレンサーも点検してみて下さい。
中にはドレンを抜くと大量に水が出てくるサイレンサー(消音器
もあります。 ↓写真は梅雨の合い間の晴れた景色
IMG_5992.JPG

投稿者 sakai : 16:27 | トラックバック