« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月28日

まだまだ続く残暑

 先週の22日にはニュースで報じられた様に「電力需要
がピークに達して午後3時に6147万キロワットに達し、
電力供給限界の6400万キロワットまであと少し」という
緊急事態だったことは皆さんご存知の事ですね。
 東京電力は何とか最悪の事態を回避しましたが、
まだまだ続くと思われる残暑が心配です。電力が供給
限界になると一部で停電が発生します。そうなると
経済的な打撃は大きくなります。先日首都圏では
晴れ渡った日に変電所に落雷があったとかで電車が
軒並み遅延したり、運休に追い込まれました。あれの
規模が大きいと考えれば想像を超えた事が発生してし
まいそうですね。例えば便利なコンビニの冷凍庫が停止
すれば、コンビに食品はNG。もっと大元の配送センター
になったら全ての冷凍食品や食品の廃棄になってしまい
ます。昔、春の積雪で神奈川県の送電線がダメになり
2,3日停電した時はコンビにからあらゆる食品が消えた
事が記憶にあります。電気が来ないとご飯も炊けない!
エアコンはもちろんダメ。ニュースも見れない。交通信号
も消えて道路は大混乱。鉄道も運休。病院では手術も
出来ないと恐ろしい限りです。

 こんな時の防衛策として自家発電による分散電源と
いう考え方があります。(これも燃料切れになるとアウトですが)
しかし緊急の時には非常用発電機があると無いでは大違い
なんですね。都市部では特に非常用発電機が重要です。
また、火災に対しても内燃機駆動の消化ポンプが威力を
発揮します。これを機会に自家発電の再検討をしては如何
でしょうか?近年は設置場所も屋上だったりして近隣への
騒音配慮も重要ですが、私達の提供するサイレンサー(消音器)
は出口1mで45dB(A)を満足させる事にも対応しています。
下の写真は非常用消化ポンプセットの一例です。↓
IMG_3802.JPG

投稿者 sakai : 12:01 | トラックバック

2007年08月26日

(水面下で検討される)災害対処とサイレンサー

 最近、公的機関に関連した所から色々なお問い合わせ
を頂きます。どれもがライフラインの通信やその電力確保
に関連したサイレンサー(消音器)へのお問い合わが
多い事です。(リンク写真は本文と直接関係ありません)
ライフラインだけ確保するならば、発電機メーカさんや
エンジンメーカさんだけで済むのでしょうけど、環境にも
配慮して音の検討も同時に進めている様ですね。
 さすが我が日本は環境問題については先進国になって
きているのでしょう。疑った考え方をすると「地震や災害の
可能性が高くなっているのかな?」
 有難い事に私達に真っ先にご相談頂けるのも日頃の
音に対して着実な実績をご評価頂いている事なのでしょうか?
より一層確りした製品を市場に提供し、環境にお役に立たねば
私達の気持ちも引き締まります。

 新潟中越沖地震の起きる前に猫が姿を消したという話を
聞きましたが、動物には特殊な能力があるんでしょうか?
少なくとも我が家で飼っている無精で呑気なゴールデン
レトリバーはそんな気配は全く見えません....↓
(無駄吠えの時に口にサイレンサーつけたい位ですが....)
IMG_6137.JPG

投稿者 sakai : 21:43 | トラックバック

2007年08月17日

連日の猛暑にギブアップ

 皆様はまだ夏休み中でしょうか?私達の会社
昨日から営業再開しています。それにしても連日40℃を超える
地域が沢山で驚きですね。
体温より高い気温はずーっと長風呂しているのと同じですね。
週末には気温が下がると天気予報では報じていますが、
早く下がってほしいと願うばかりです。
 昨日近くのラーメン屋さんに入ったら暑さのせいかエアコンが
ダウンしてました。
それでなくても暑いのに額から汗が滝の様に流れ出しました。

 おかげさまで夏休み中でも色々なお問い合わせを頂いています。
会社は休みなのに出勤なさっている方の多さにも驚きですね。
日本人はやはり勤勉なのでしょうか?それとも家にいるより会社
が楽なんていうお父さんもいるのかもしれません。

 夏休み前からガソリンの高騰は観光地に出かけようとする人達
には打撃です。地球温暖化防止に良いとされているバイオ燃料。
でもその製造中に排出するCO2は化石燃料より多いという矛盾
も報じられていますね。私たち日本人は少ない資源で生き残る
為にリサイクルは真剣に考える問題です。燃料が高騰すると
常用発電機の需要は低迷しますが、ライフラインが当たり前に
使える事に慣れていると地震や電力ピークでの停電時には、
本当に困ってしまいます。長期を見据えた対策も必要ですね。
電力がダウンしたとたんに携帯電話もATMも使えなくなる
事は日ごろは想像さえしないですから.....
下の写真は燃料費の高騰イメージです。上は今月、下は昨年11月の写真↓
IMG_6316.JPG
151-5196_IMG.JPG

投稿者 sakai : 12:43 | トラックバック

2007年08月10日

いよいよ夏休みですね。サイレンサーの仕事も追い込みです

 お客様のほとんどが今週末から夏期休暇になる様です。
その為今週は、急ぎの仕事が集中し対応に汗だくです。
 サイレンサー消音、防音についてのご相談や
お問い合わせ頂くことは私達にとっては有難い事です。
より迅速な対応を一同心がけます。
今朝もニュースで各高速道路の渋滞予測が出ていました。
帰省なさる方はくれぐれも安全に帰省なさってください。
 昨日も所用で東名高速で帰社する時に渋滞に巻き込ま
れました。本日は5,10日で週末の夏期休暇前とあって
渋滞に拍車をかけそうですね。せかせかした気持ちになったら
一服し心を落ち着かせるのも良い方法です。急いだときは
判断力が悪くなりろくなことがないですね。
下の写真は、今が花盛りの百日紅(さるすべり)の木です。
夏休みにじっくり自分を見つめなおしてみるのも1案ですね。

IMG_6126.JPG

投稿者 sakai : 10:21 | トラックバック

2007年08月06日

通勤中に見つけた(サイレンサーの話題ではありません)

 学生さん達が夏休みに入り、電車が空くかと思えば、
これが意外に混んでいます。理由は家族連れの旅行や、
クラブ活動の遠征とかが新たに加わっていて、
「座って通勤」の思惑は見事に撃沈です。
 私は東海道線で通勤しています。先週駅構内の垂れ
幕を見て気がつきました。「東海道線横浜⇔国府津間
開業120周年」という内容です。一部の電車にはヘッド
マークの様に大きなシールが貼ってありました。
ところで電車の空調設備ってなかなか調度良くなりま
せんね。空いていれば、窓が曇る程冷え朝の通勤時は
人の熱気で汗が止まらない程です。昔の冷房設備
の無い電車通勤の経験がある人ならば、それでも天と
地ぐらいの違いです。

  下の写真は「横浜⇔国府津開業120周年記念」の
表示した電車です。鉄道マニアの人ならすぐに気付かれ
たでしょう!この写真の電車どこかで見た形でしょ!
普段見かける東海道、湘南・新宿ライン等を走るE−231系
でなく横須賀線から東海道線に転用されたE−217系です。
数編成が国府津電車区に配備されていると聞きましたが...
(一番下の写真は横須賀線を走るE-217系 比較の為)

IMG_6128.JPG
IMG_6127.JPG
153-5343_IMG.JPG


投稿者 sakai : 15:35 | トラックバック

2007年08月01日

日本の電力が危ない

 新潟中越沖地震で、東京電力の原子力発電所がストップした
事は皆さんご存知のことと思います。その結果猛暑の夏を迎える
に当たり、深刻な電力不足が考えられます。
勿論他の地方の電力会社から電機の供給を受けたり、
色々な方策は取られている様です。
 地球温暖化の影響により冷房の需要や、オール電化のマンション等
電力の使用要求ニーズは増えるばかり。ところが逆風は吹き荒れる
ばかりです。火力発電はその燃料の高騰やCO2排出規制、
水力発電は建設工期がかかり簡単に増設できない。
その時に即戦力が分散型発電機と呼ばれる内燃機関が脚光を
浴びます。確かに内燃機関も燃料を使うのですが、色々な燃料が
使えるメリットや移設が簡単などのメリットもあります。
この様な分散型発電機には私達の提供するサイレンサー(消音器)
が搭載されていたり別置きで設置されたりしています。
今年の夏は原子力発電所の停止で電力需要と供給のバランスが崩れ
大停電の可能性もあります。コンピュータやほとんどのインフラは電力
を必要としており、停電したら日本の産業はストップしてしまいます。
 大手通信会社は中継局に自前の大容量蓄電池(バッテリー)と非常用
発電機を持っています。停電でも通信のインフラを維持する設備費と
維持費は巨額で新規通信会社はこれに相乗りしている事が多く、この
辺は国家でもっと考えた方が良いのではないかと思えます。
  下の写真は通信会社中継局の1例です。中央に銀色に見えるのが
非常用発電機設備の排気管です。発電機室内にはサカイ製サイレンサー
が設置されている事が多数見かけます。

IMG_6119.JPG

IMG_6120.JPG

投稿者 sakai : 10:53 | トラックバック