« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月25日

今夜はお月見

 昨日は休みだというのに仕事で遅くなってしまいました。
ふと気がつけば、今夜はお月見!!(十五夜)
昼間の仕事は忘れて夜空を見上げると満月に近
づいています。
(十五夜は必ずしも満月ではないそうです。旧暦の
 8月15日を言うそうです)
子供の頃はおだんごを供えてススキを飾り祖母と
お月見をした事を思い出しました。澄みきった空に
照らし出される月は静かな夜に秋の虫の音と
ともに日本の秋を感じさせてくれます。
 
 話は変わりますが、夜中の騒音測定をすると
季節によって暗騒音を測る時に色々な自然界の
音の影響が出ます。夏の夕方は蝉の声や
秋は虫の鳴き声などです。
この虫の発生する周波数って意外と高い周波数
の音なんですよ。2KHzとか4KHzの音が入る
こともあります。騒音での2KHzだと気になりますが、
なぜ虫の音は心地よいんでしょうか?
 心地よい音だけ出すサイレンサーなど出来ない
んだろうかと途方もないことを考えてしまいます。
お月見バーガーならぬ 「お月見消音器」を作ってみたりして...
皆様からの暖かい声援の元にスタッフ一同頑張ります。

P1000036.JPG

投稿者 sakai : 21:35 | トラックバック

2007年09月23日

秋分の日です(そしてお彼岸ですね)

 お彼岸ですね。私は昨日家族とお墓参りに出かけました。
3連休ということとお彼岸のお墓参りという事で道路は
渋滞していました。(お墓が鎌倉市内という事も重なって)
 「暑さ寒さも彼岸まで」と昔の人は言い伝えて
きましたが、最近の異常気象のせいか?お彼岸
というのに真夏の様な暑さが続いています。日頃の生活の
流れと「お墓参り」という行事がリズムの切り替えをしてくれて
日本の四季を感じる事ができます。(五感で感じられる季節)
 近くの学校からは、運動会の進行する音声が拡声器を
通じて聞こえてきます。あんなに大音量でも、季節感の1つと
捉えられる音はそれほど「うるさい」とは感じられません。
でも、近所の新築工事の為の建設機械の音はやかましく
感じてしまいます。騒音公害とは感覚公害なので難しい
1面がありますね。私達はこの様な人間に好ましくない音の
低減にお役立ちするサイレンサー(消音器)を提供する
事で社会貢献したいと考えております。

下の写真は市内中央にあるお寺の境内の彼岸法要の景色
(目から入る情景で静かな気持ちとなるのも日本独特ですね)


P1000010.JPG

投稿者 sakai : 10:29 | トラックバック

2007年09月21日

明日から3連休の会社も

 明日から3連休に入る会社も多い事と思います。
9月20日から彼岸の入りになりましたね。
22日から霊園や墓地のある近くでは、お墓参りに
参拝する人達の影響で交通渋滞も予想されます。
 ご先祖様に感謝の意をこめて参拝なさる方もいらっ
しゃるでしょうが、交通事故などには十分にお気をつけ
願います。
 交通事故と言えば今月から「飲酒運転」の罰則が
更に強化されましたね。
アルコール類を飲んで運転は絶対にダメですが、
飲ませたり、同乗していた人達も罰則が強化されて
おり、「アルコールを飲んだ人にはタクシーや代行運転」
を必ず忠告する事も周囲の人の義務ですね。
 皆さん楽しい週末をお過ごしください。

下の写真は連休突入と飲酒運転禁止のイメージ写真↓
IMG_5991.JPG
P1000028.JPG

投稿者 sakai : 17:14 | トラックバック

2007年09月20日

見積画面復旧とお詫び

この度 お見積フォームからお客様に「受付確認通知メール」を配信後、
配信内容がサーバーから弊社担当者に配信されないトラブルが発生し
皆様に多大なご迷惑をお掛けいたしました事をお詫び申し上げます。

現在は以前の様に復旧致しましたが、ご不明点や不達の事が
ございましたらお手数ですが担当 高山宛にご連絡願います。
(tel) 03−3552−5714 (fax) 03−3552−5719
  e-mail: shigeru@skj-sakai.co.jp

投稿者 sakai : 19:24

2007年09月17日

敬老の日です。

 今日は敬老の日。各地で記念行事も開催されている様です。
お年寄りの方達(人生の諸先輩)おめでとうございます。
 新聞の統計によりますと80歳以上の方は713万人とか。
また65歳以上の方は2744万人と掲載されていました。
65歳以上の方は日本の総人口の22%
(つまり1/5強の老人)ということです。
ニュースでは時々老人国家とか悲観的な見方
をするコメンテータの方もいますが、逆の見方をすれば
年寄りを大事にする日本の良い面の残った国家と
見ても良いのではないでしょうか?現在の若者達は
このままでは長寿にはなれないとの推論もあります。
食生活や環境が寿命に影響するようです。

 何気なく自宅にあるオーディオのCDレンズクリーナを
使用していた時の事です。その機能の中に周波数毎の
チェックをする項目があります。1KHzを中心にだんだん
周波数をあげて試験音が出るのですが13KHzから
私と妻は確認できなくなりました。しかし息子には
15KHzも17KHzも聞こえるといいます。耳は20歳前後
がピークと言われ、歳を重ねる毎に聞こえなくなるそうです。
(犬などは更に高い周波数が聞こえる特性を利用した犬笛
などが、その例ですね。)もし、聞こえなくて良い音が聞こえ
ていたら人間はもっとストレスを感じていたかも知れませんね
私達は不要な音を音源で消すサイレンサー(消音器)
を極めたいと常々考えております。
 写真はスピーカと祝日の国旗、人間の聞こえない音が聞こえる犬


IMG_6190.JPG
IMG_6188.JPG
130-3047_IMG.JPG

投稿者 sakai : 11:15 | トラックバック

2007年09月14日

台風9号が残した宿題

 台風9号は関東地方に上陸し、一時期は河川の氾濫の
危機まで達しました。また高潮対策で閉められている水門
を開放し、上流からの多量のゴミが東京湾に流れ込み被害
を出した事はニュースでも報じられました。
真夏の電力危機に続き、今回は河川氾濫の危機と首都圏
では想定を超えた事態が続いています。理由は地球温暖
化とも言われていますが、河川に至っては、今後益々
時間当たりの降水量が増加するそうです。
荒川、多摩川が氾濫すると東京23区は水没するとニュース
で検証していました。
 前回もこのブログで水門や浄水場、下水処理場の重要性
をご報告しましたが、災害時の非常用発電機や非常用ポンプ
の想定能力を超える事態の発生もあります。
災害は未然に防げる事が一番です。これらの非常用防災
機器の低騒音化のニーズも大きくなっております。
住宅地のすぐ近くにあるこれらの施設は超低騒音化の
ニーズがあり、技術力も要求されています。
私達、サイレンサー営業一同はより
増加するご要求に対処して
災害防止のお手伝いが出来ればと願っています。
下の写真は見づらいですが夜の東京湾の水門が
開いている状態です。青い光は航行可能を示す信号
その下の写真は同じ場所の夕方 

IMG_6186.JPG
P1000045.JPG

投稿者 sakai : 17:47 | トラックバック

2007年09月04日

台風が近づいていますが...

 台風9号が関東地方に向かって進んでいる様です。
週末には日本のどこかに上陸しそうです。
これからの季節台風の直撃が心配ですね。
 最近は地球温暖化の影響なのか一旦雨が降ると
かつて無いほどの雨量を記録したりして川の近く
に住む方達には不安が残ります。治水事業として
各地域にポンプ場や浄水場、または水門などが
設置されていて洪水が発生しないような施設が
ありますが、一般には知られていない施設なので
まさに、「縁の下の力持ち」的存在です。最近は
景観に溶け込むデザインの建物も多く、これらの
施設は益々判り難くなっています。管轄は国土交通省
や地方自治体が多いようです。
 これらのポンプ場や水門等には非常用発電機が
設置されており、停電時にも滞りなく機能する様に
なっています。発電機には排気サイレンサー(消音器)
はもちろん、給・排気換気用送風機にも私達の製作した
高性能給・排気消音ダクト等が使用されています。
下の写真は千葉県某所の浄水場(建設中)と換気用排気消音ダクト施工中写真
画像 620.jpg
画像 594.jpg

投稿者 sakai : 09:16 | トラックバック